仲 雅美(なか まさみ)

1950年 11月9日 東京都中野区生まれ

身長168cm  体重55kg 血液型 B型

靴のサイズ 25.5cm

特技 日本舞踊、殺陣、ラテンダンス、サッカー、水泳

プチ特技 毎日顔が違う、電話しながら三味線、寒さ対策

好きなもの 干し芋、ぶどうパン、カシューナッツ、麺類

趣味的なもの サルサ、スポーツ観戦、スマホでゲーム

性格 超マイペース

 

第一期 東光夫から仲雅美へ・・
          そして「冬の雲」

1968年 チャーリー石黒氏の紹介で芸能界入り。
「東光夫」 としてミノルフォンから
「しあわせ呼ぼう」(作詞・曲: 遠藤実)でデビュー。

1970年に「仲雅美」に改名。
日本ビクターから「だから愛して」を発売。

1971年、深夜の歌番組で歌う姿を見ていた
木下惠介氏の目に止まり、
TBSドラマ「 木下惠介 人間の歌シリーズ 冬の雲」に
「桐原要」役として大抜擢、俳優デビューを飾る。
また、劇中に使用されたロシア民謡をカバーした
シングル「ポーリュシカ・ポーレ」が大ヒット。
歌手として俳優として一躍スターとなる。

 

 

第二期 「同棲時代-今日子と次郎-」
      映画に!司会に!幅広く挑戦。

1971年、TBS「刑事くん」で主人公のライバル刑事役・
大丸四郎を演じ、アクションにも挑戦。
1972年のNTV時代劇「家光が行く」では
ドラマ初主演を飾り、竹千代を好演。

1973年の松竹映画「同棲時代ー今日子と次郎ー」では
上村一夫が描く等身大の若者・江夏次郎役を演じ話題となる。
また東京12チャンネル「歌の散歩道」では司会を務め
歌手・俳優だけにとどまらず幅広い活躍を見せる。

 

第三期 本格的に舞台へ進出〜劇団喜劇入団

よりエンターティンメントの方向を目指して
1975年に花登筺主幹「劇団喜劇」に入団。
芸名も仲真貴に改名し
「さわやかな男」「あかんたれ」「ぬかるみの女」、
NHK朝の連続テレビ小説「鮎のうた」など
花登ドラマ・舞台に数多く出演、
二枚目から敵役・コミカルな役まで幅広く演じた。


 

 

   
 

 

第四期 海外映画専門の
      ビデオメーカー「MiMi」
をはじめる。

1980年代にはビデオレーベル「MiMi」を設立。
「ガーフィールド」の日本吹き替え版や
今もなおカルト的人気を誇る「ミミズバーガー」など
当時日本未発売だった作品をソフトで発売する傍ら
芸能人サッカーチーム「ザ・ミイラ」にも設立から参加。
また、芸名を「仲雅美」に戻し、
朝丘雪路公演「明治一代女」などにも出演。

 

第五期 氷河期〜暗黒の世界を彷徨う

体調を崩して・・長い長い氷河期となる。
トホホホのホ。。。

 

そして今、再起動!

2012年に祷映監督の「女たちの都〜ワッゲンオッゲン」
(東京では2013秋公開)に出演し、「仲雅美」として完全復活を果たす。

その他、私生活においては
テレビ等で紹介されたような感じではありますが
人生を楽しみながら、少しずつ少しずつチャレンジしていくので
応援よろしくです(^^)d


TOPに戻る